三曹青について

会長挨拶

会長挨拶

kaicho皆さま、明けましておめでとうございます。この度27代目三重県曹洞宗青年会会長を仰せつかりました牧野正人と申します。宜しくお願い申し上げます。

当会は半世紀以上の歴史の中で諸先輩方をはじめ、たくさんの方々のお力添えにより護持・発展致して参りました。

現在、当会は県内北から南まで会員六十二名を有するに至りました。広い活動範囲を活かし、古(いにしえ)を大切に新しいモノを生み出すべく邁進しております。年中行持としましては、月例「見聞(けんぶん)楽(らく)」、坐禅会「緑蔭禅」、和太鼓僧伽(そうぎゃ)「鼓司(くす)」、また人権啓発、災害ボランティアや托鉢を通じての募金等の社会的活動も重点的に据えて行っております。

2017年4月20日は、会場を四天王寺さま(津市)と致しまして鼓司十周年記念行事を予定しております。降誕会法要・祈祷太鼓をはじめ、皆さまが参加しやすい雰囲気づくりも大切に進めております。

昨今、お寺の在り方に関心が寄せられております。当会と致してもこれからの活動を探求していく中で、縁(えにし)(ふれあい)を広め、社会と関わり合っていく為には私たち青年僧がその橋渡しとなるべく、新しいことにも活力をもって進んでいくべきだと信じております。

檀信徒の皆様をはじめ全国の青年会員の交流や他宗派青年会との親交を深め、より一層の相互の理解や社会の安心が広がりますよう会員一同努めてまいりますので、皆さまのご協力とご指導ご鞭撻のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

三重県曹洞宗青年会 第27代会長 
牧野 正人 九拝

Return Top